口臭と内臓疾患

口臭と内臓疾患

口臭は、人の口の中からや吐き出された息から放たれる悪臭のことで、本人は気がついていない場合もあるようです。
周囲の人を不快な気分にさせてしまう口臭が出ることには、いくつかの原因があります。
口臭の大部分は口腔内に原因があるとされています。

しかしながら一見すると、口内とは無関係に思える内臓器官の不調も口臭の原因になる場合があります。
内臓疾患が原因の場合の口臭というのは、病気の種類によって独特の臭いがあるためどんな原因かが判断できるようです。
その一つとして、りんごが腐った様な甘酸っぱいようなアセトン臭がする場合は、糖尿病である場合があります。

糖尿病になると唾液が少なくなるので、口内の水分がなくなって口臭が出やすいという見方もあります。
さらに、ネズミのような臭いだったりカビのようなくさい臭いが感じられる時は、肝臓の機能低下だったり慢性肝炎などの疑いが持たれます。
これは、もともと肝臓で分解されるはずの物が分解しきれなかったために、血液に混入したために口臭という形で排出されているという現象です。

他にも、腐った卵のような臭いであれば、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃炎などに代表される消化器系の病気にかかっていることが考えられます。
胃腸の働きが弱っている時には、食べたものを正常に消化・分解することが難しくなり、異常発酵が胃で生じ、口臭がすることがあります。

体の不調によって引き起こされる口臭の場合、先に原因の疾患を治療するべきです。
口臭の原因となっている病気を治療することで、独特な臭いで感じられていた口臭は消えていきます。