唾液と口臭

唾液と口臭

口臭も原因によって分類すると、病気が原因となった口臭タバコや食物などを原因とした外因的口臭、生理的なことが原因となる生理的口臭があります。
生理的口臭に分けられるものは、誰もが持っている口臭を指します。

朝目覚めた瞬間や空腹感のあるとき、緊張感のあるときはみんな口臭が強くなっているものです。
生理的口臭と言われるものは、睡眠中だったり空腹な時、緊張な状態を続けるときに唾液の分泌量が減り、口の中の細菌が増殖しやすくなっていることで始まります。

唾液の分泌量が減ることと細菌の繁殖が揃って発生すると、口臭を生じさせる原因になる揮発性硫黄化合物が生成されて口臭が起こります。
ですが生理的口臭というのは、病的や外因的なものとは異なり、歯磨きをする、食事をする、リラックスするといった対応を取ることで解消されていくものです。

生理的口臭は口内の唾液量が増加してくれれば無理なく口臭が減ってくるので、特に専門家に見せることは不要です。
女性なら生理の際に口臭が増すこともありますが、ホルモンバランスが崩れることで発生する口臭のためこれも特に治療は必要ありません。

同じように妊娠や思春期など、血液中のホルモン量が変化する際にも口臭がきつくなる場合があります。
生理的口臭に関しては全ての人が持ち合わせているもので、適宜その対応をしていけばそれほど時間をかけずに軽減させることができるものなので、過剰反応を起こす必要はありません。

自分の口臭が生理的原因によるものなのか、病的なものなのか判断できずに考えあぐねている時は、自分だけで悩んでいるよりも、歯科や内科で専門家に相談してみてください。