口臭と歯周病

口臭と歯周病

口臭の原因の約8割は口の中に存在します。
口内の汚れである歯垢や歯石、また歯槽膿漏、虫歯、義歯といったものも口臭を放出する原因です。
これら以外にも病気を原因とした口臭も存在します。

胃腸の調子によって口臭が起きる場合があることは広く知れ渡っていますが、呼吸器の病気によっても口臭が出てしまいます。
肺、気管支、上気道、胸膜といった呼吸器系に疾患があると、臭いが直接口臭として口から出てきます。

喘息などがもとで気管支が悪化すると、痰などが多く分泌されます。
気管支が弱ると痰を吐き出すことができにくくなり、溜まってくる分泌物が嫌な臭いを放ちはじめ口臭の発生確率が上がります。
気管支炎や肺炎などの症状があるときに出る口臭は、腐った血を思わせる生臭いにおいがします。

これというのは、炎症により組織が破壊されたり、膿によって細菌が増えることでひどい悪臭を放つことになります。
呼吸器系の病気が原因の口臭は、病気を治さなければ改善されないので、耳鼻科や内科を訪れ、適切な治療をすることが不可欠です。

それから、膿栓と呼ばれるものが喉の奥にできていることも大変強力な口臭を出す原因になるでしょう。
これは食べ物のカスだけでなく細菌の死骸などが喉に集まってできるもので人の体には影響はないと言われていますが、小さいからといって侮れないほど激しい臭いを発生させます。

喉の奥のほうに白っぽい黄緑色の塊が見えたら、口臭の原因となる膿栓の恐れがありますから耳鼻科を受診して専門医に診てもらいましょう。
病院に行かずに自分一人で取り除こうとすると、喉にダメージを与え、以前よりも口臭がひどくなる可能性もあるのでやらないでおきましょう。