加齢と口臭

加齢と口臭

年を取るにつれて口臭が出やすくなるということも色々なところで聞きます。
これについては、高齢になるにつれて口の中の清潔を保つのが難しくなる人が増加してくることも関与しています。

年を取ると口の中に入れ歯や差し歯などを入れている人が大多数です。
入れ歯や差し歯は加工されたものですから一見口臭との関連性はなさそうですが、入れ歯や差し歯にも歯垢が付着しますので、口臭を出してしまう原因になります。
入れ歯や差し歯についてしまった汚れをそのまま放置しておくと、口臭が悪化する原因になります。

それから、年配になると唾液の分泌が少なくなるので、口の中が乾いた状態になりやすくなります。
唾液が十分に分泌されるということは、口臭の緩和には不可欠なことです。
高齢者は、20代の4分の1以下しか唾液が分泌されないそうなので、こういった点からも年齢を原因とした口臭の存在を認識出来るでしょう。

さらに、口腔内にはもともと、非常にたくさんの細菌が常在菌というかたちで留まっています。
これは、年齢関係なくどんな若い健康な人でも異なりません。
しかし、加齢とともに口内にある細菌の均衡が取れなくなってきます。
若い時は口内の衛生状態を維持する機能をもった細菌が多数を占めますが、年を取るにつれて歯周病や口臭の原因となる嫌気性の細菌というものが増加してきます。

唾液の分泌量が減少することで口の中の自浄作用も薄れ、口内を清潔に保つための細菌も減るので、年齢が原因の口臭はどうしても起きるようです。
年齢を原因とした口臭が出ないように、日頃から口内の環境を清潔にして、年に数回歯科検診をして歯周病の予防に努めましょう。
口の中の乾燥を防止するためにも適度に水分を摂取することも、誰にでも簡単に行える口臭予防になります。