口臭の原因

口臭の原因

口臭は、当人が認識することがしにくいものです。
仮に口臭があった時でも、周囲の人はたいてい本人には言わないので、無意識にそばにいる人は不快を感じることもあるはずです。
自分ではわからなくても、知らず知らずに口臭を発してしまっていることも珍しくないようです。

口臭の原因は3つに分けることができます。
まず最初に挙げるのは、例外なく全ての人間が持つ生理的な口臭です。
これについては誰でもあるものなので、気に病むようなことではありませんが、口内をきれいに保っておかないと生理的口臭も悪臭に変化するので気に留めておく方が良いです。
他には、病気があることも口臭を生み出す原因になります。
口臭の原因となるものの多くは、口の中の疾患によるものです。

充分に歯を磨かないと口腔内の汚れがひどくなり、食べカスが歯間などに歯垢として残ってしまい、口の中の細菌によって腐敗発酵が行われるせいで強烈な口臭になります。
さらに、十分に歯を磨かないと虫歯ができてしまい、その虫歯が元になり口臭が増すことになります。

義歯やブリッジの歯垢も落ちにくいため、人工歯だからと手入れをあまりしていないと口臭が発生する原因となるのです。
口腔内の汚れというと舌苔も口臭の一つの原因と言われます。
胃に異常があったり、熱の病気などでは舌苔が付着しやすい状態になります。
舌苔は細菌が増えやすい状況を作り上げ、悪臭が発生する可能性が高いので手入れが必要となります。

しかし、歯ブラシなどでゴシゴシとこすってしまうのは余計に口臭を悪化させることになるため気を付けてください。
また、臭いの強い食べもの、タバコやアルコール、といった原因により、口臭が増すこともあります。
食品に原因がある口臭に関しては、臭いが体の内部から放出されているので口の中だけをきれいにしても口臭を消すことはできません。