臭いがきつい食べ物

臭いがきつい食べ物

口臭の原因が、タバコや虫歯だけでなく病気などからもくるということは有名です。
しかし、それ以外に食べたものによって口臭が生まれる可能性もあります。
口臭の原因となる臭いのきつい食べ物の代表選手といえば、簡単に思い浮かべられるのがニンニクでしょう。

続いて、らっきょうやニラなども臭いが強い食べ物として有名な食品です。
こうした臭いの強烈な食品を口にすればやっぱり、口臭が気にかかるものです。
食べたものは胃で消化が行われ、腸に入ります。
腸で吸収された成分は、血液と合流して体中に運ばれ、肺からの息として排出されます。
臭いの強い食品を食べると、この時点までその臭いが継続してしまい、息と一緒に臭いも吐き出されるので口臭が気になるようになります。

口臭の原因が食べ物の場合は、口腔内の汚れが原因の口臭とは異なり、体内から発生してしまう種類のものなので、歯を磨いたりガムを噛んだりしてもそれほど効き目はありません。
けれども、病的なものと違って、食べたものが臭いを発しているだけなので時間が過ぎれば臭いは消えてなくなります。

原因が食品自体にある口臭は時間を置けば消えるとしても、でも口臭は心配になりますし、少しでも早くなくしたいでしょう。
そうした際は、臭いを無くしてくれるような作用のある食品を同時に食べるという工夫もできます。

ニンニクの臭いを気にならなくするためには牛乳を一緒に摂取することが良いとされています。
さらに、パセリやマッシュルーム、緑茶といった食品も口臭改善に役立つようなので、臭いが強烈な食品を食べる場合に意識して組み合わせるといいかもしれません。