タバコと口臭

タバコと口臭

タバコを吸う人には大して気付かない臭いだったとしても、タバコを吸わない人にしてみたら不快感のある臭いであることがあります。
それに、タバコの煙の臭いだけでなく、タバコが原因で起きる口臭に不快感を覚える人もいます。

タバコを吸った時にタールなどの物質が舌に付着して、それが口腔内で唾液と混ざりあってタバコくさくなるというわけです。
でも、このタバコの臭いは時間がたつことで唾液の持つ洗浄効果によりきれいさっぱり無くなるでしょう。

そのため、時間を空けること無くタバコを吸い続けるような人でないのであれば、一定の時間を置くことでタバコくさい臭いは減少していきます。
その事よりもさらに重要な問題は、タバコには唾液を出す力を抑えてしまう作用が備わっていることです。

タバコを原因として口内の唾液量が減少することにより、歯垢が取れずらい土台が出来上がり、歯茎も血行が妨げられます。
歯茎の血行が良くないと、歯周病も発生しやすくなることが広く知れ渡っています。
タバコを吸う人は吸わない人に比べて、歯周病にかかる率が5倍と言われています。
タバコを吸い続けると歯周病になる可能性も高まり、歯周病は口臭の原因になるという悪循環に陥りますので、タバコは口臭と切り離して考えることはできません。

原因がタバコである口臭を改善するには、タバコを断つことが最も良い解決法です。
そうはいっても、タバコを断つのは難しいと考える人は大勢いるはずです。
タバコで口臭を起こさないために、吸う数を減らしたり、寝る前の歯磨きを徹底したり、緑茶うがいなどの対策をしてみましょう。