鼻炎から口臭

鼻炎から口臭

鼻炎が原因となって口臭が出てくることもあります。
慢性鼻炎や副鼻腔炎といったものを患うと、後鼻漏と呼ばれる、鼻水が喉へ落ちていくということが生じます。

この後鼻漏が起こって喉へと流れ落ちた鼻水は、時間がたつごとに粘り気が増して臭いを発生させてしまい、口臭の原因となってしまいます。
喉や鼻腔内に鼻水が溜まり続けると、ばい菌の繁殖が加速し炎症しやすくなってしまいます。

その炎症から発生する臭いが口から漏れ出て口臭になります。
そして、鼻炎の場合は常時鼻が詰まっているため、鼻呼吸がうまくいかず口呼吸になっていることもよくあるようです。
口呼吸も口臭の原因の中でも大きなものです。
口呼吸だけしていると、口の中がすぐに乾きます。

唾液の働きの一つに口腔内を清潔に保つということがありますが、口の中が乾いている場合、その働きが十分にできません。
それから、唾液の出る量が減って口の乾いた状態では、口の中は細菌が増えやすい空間になってしまいます。

口呼吸が元で口内の唾液がなくなっていくと口内にある汚れを完全に取りきることが出来なくなり、口の中で細菌が増えることになり、臭いが生じますので口臭につながるのです。
鼻炎が原因の口臭を改善するには、耳鼻咽喉科にて鼻炎の治療を受けることが必須事項になります。

ですが、鼻炎の治療薬にもなる抗ヒスタミン剤の副作用で、口の渇きや眠気を感じるケースがあります。
抗ヒスタミン薬の副作用として、唾液の分泌量が減ってしまい口臭が出てしまうようなら、医師に指示を仰ぎ薬の飲み方などの調整をしてもらいましょう。

不動の人気整形術といえば二重術ですね。

今は埋没法などメスを使わずに二重にすることができるので気軽に受ける方が急増しています。

こちらのクリニックでは二重術に加え、最近人気が出てきた涙袋をつくる施術も受けれるので、目を大きくしたい方や目元を印象付けたい方におすすめです。

横浜で美容整形をするなら